コクヨKハートNews

2016年6月 6日

コクヨCSR報告書2016 コクヨKハート関連記事 掲載
2016年6月に発行されたコクヨCSR報告書2016につぎのコクヨKハート関する記事が掲載されています。


    
内  容  コクヨグループにおける「障碍者雇用の取り組み」
    
      コクヨKハートのオフィスと工場をリニューアル

      コクヨKハートの従業員が「日本デイケア学会」で登壇

      働く人、学ぶ人、暮らす人の心を豊かにするプロジェクト 
      KOKUYO ART PROJECTの取り組み


>>詳細はこちら

2016年1月31日

働く社会資源説明研修で講演
P_1050911.JPG
2016年1月19日、大阪市立総合生涯学習センターにて働くための社会資源説明研修が開催されました。今回は『精神障がいのある人が働き、働き続ける秘訣を探る』、職場の理解と配慮というテーマで実施されました。研修会には障がいのある人と働く企業や、障がいのある人の就労支援者、医療機関、学校などの支援者が参加され熱心に研修を受講されました。

コクヨKハートの中尾公一は、コクヨKハートで初めての精神障碍をもつ社員の採用および定着支援内容や合理的配慮のハード、ソフト面での対応例、精神障碍者の支援で心掛けていることを話しました。その他精神障碍者の活躍と配慮事項を個別に紹介しました。引続きその社員が働き続けるための工夫と配慮について講演しました。




>>詳細はこちら

2015年11月18日

大津市企業内人権啓発研修会で講演
DSCN0673.JPG
2015年11月13日、大津市企業内人権啓発研修会が大津市にて開催されました。今回の研修会では企業・事業所の事業主及び人権啓発担当者等約200名の方が参加され熱心に研修を受講されました。

コクヨKハート社長の黒田英彦は、その研修会の中で『障がい者の自立支援と社会貢献の一翼を担う-企業の挑戦』―人に優しい社会のために―というテーマで講演しました。自社の障碍者雇用の取組みについて次のように話しました。

「障碍者雇用を目的とした会社からの改革として事業会社のサブ業務をKハートにアウトソーシングすることにより事業会社がメイン業務へ集中、強化でき事業計画をスピード実行できるための徹底支援を行います。グループの事業をサポートする『なくてはならない会社』を目指します。」



>>詳細はこちら

2015年11月16日

日本デイケア学会第20回年次大会大阪大会でシンポジストとして登壇
IMG_4471.JPG2015年10月23日から24日、大阪国際会議場(グランキューブ大阪)にて日本デイケア学会第20回年次大会大阪大会が開催されました。コクヨKハートでお客様相談室のお客様の声のテキスト化業務を行っている後藤圭介がシンポジストとして登壇しました。この学会には病院・クリニックの医師、大学教授、精神障碍をもつ当事者とその家族、企業、福祉関係者等総勢1,000名を超える方が参加され各会場で熱心に講演を聞かれました。

日本デイケア学会とはデイケアの発展と向上を意図しデイケアに関する学術研究の促進および会員相互の交流の推進を目的としています。第20回年次大会大阪大会のテーマは「つなごう 人に 地域に 明日に そして希望に!」でさまざまなデイケアに関する事例が発表されました。

後藤圭介は自分の5年間のデイケア体験からその効果や気持ちの変化そしてどのように就職に至ったのか次のようなタイトルで発表しました。

■タイトル 人の中での癒しと成長
      ~15年間ひきこもり、人と関われない状態からデイケアして働けるようになるまで~

▽関連リンク


>>詳細はこちら

2015年7月10日

コクヨCSR報告書2015 Kハート関連記事 掲載
コクヨCSR報告書2015に次のコクヨKハート関する記事が掲載されています。


・コクヨグループにおける「障碍(がい)者雇用の取り組み」
・コクヨKハートの取り組み
・活躍する社員の紹介 K・Y(40歳代 男性)            
             H・K(20歳代 男性)
 ・働く人、学ぶ人、暮らす人の心を豊かにするプロジェクト
    KOKUYO ART PROJECTの取り組み

 


>>詳細はこちら

2015年3月 9日

Good Job!展神戸に参加
カウネット_エコバッグ.jpg
 2015年3月6日から8日、KIITO デザイン・クリエイティブセンター神戸・ギャラリーAにて障碍のある人たちとともに豊かな生活を実現するためのプロダクトや、新しいはたらき方を紹介する展示会Good Job!展神戸が開催されました。
  
 そこででKOKUYO ART PROJECTで生まれた商品であるコクヨファニチャーのロビーチェア「Madre(マドレ)」、コクヨS&Tのフィールドノートやカウネットのデザインエコバッグ、デザインノート等が展示されました。この展示会でアート、ビジネス、福祉の分野を超えて、新たな出会いと仕事の融合の場として全国で開催され、新たな協働のきっかけや商談が生まれています。

▽関連URL



>>詳細はこちら

2015年2月23日

KOKUYO ART PROJECTに参画し推進
THF-KN07_image.jpg
 2015年2月よりコクヨは障碍のある方がもつ優れたデザイン能力を世の中に広く発信し、魅力あるアート作品を発掘、商品に活かし自立支援の一助となることを目的に「KOKUYO ART PROJECT with Able Art Company」を開始しました。コクヨKハートも参画し、社内ツールの展開として社用封筒・名詞ケースを製作し企業姿勢の訴求ツールとしてグループ会社に提供を行い、積極的に推進していってます。

関連 URLサイト
 
 
 


>>詳細はこちら

2014年6月25日

コクヨCSR報告書2014 Kハート関連記事 掲載
コクヨCSR報告書2014に次のコクヨKハート関する記事が掲載されています。


掲載箇所 社員とともに 多様な人財の活躍支援

・コクヨKハート ダイバーシティ経営企業フォーラムにパネリストで登壇
・コクヨグループにおける「障碍者雇用の取り組み」
・コクヨKハートの取り組み
・コクヨKハート創業10周年を迎えました
・活躍する社員の紹介  T・Yさん  後藤さん 





>>詳細はこちら

2014年6月23日

障害者雇用啓発雑誌 コトノネにコクヨKハート後藤圭介が掲載
全国の障害者施設、就労支援施設の経営改革に関する様々な提案をおこなうことを目的に、2012年1月に創刊された雑誌『コトノネ』Vol10(2014年5月20日発売)に障害者の就労事例としてコクヨKハートの後藤圭介が掲載されています。

またコクヨKハートの取組みの考え方を話す社長黒田英彦、入社から接してきた社員の中尾公一の話も記載されています。


>>詳細はこちら

2013年12月11日

横浜の障害者雇用フォーラムで講演

平成25年12月6日、障害者雇用と経営の両立をテーマとしたフォーラムが横浜にて開催されました。今回のフォーラムでは福祉、企業、大学で障害者雇用に携っている方々からそれぞれの取り組みが紹介されました。フォーラムには企業の経営者、人事担当者等総勢106名の方が参加され熱心にフォーラムを聞かれました。


コクヨKハート社長の黒田英彦は、『共創戦略の構築による障碍者雇用経営の安定化』というテーマで講演しました。自社の障碍者雇用の取組みについて次のように話しました。

「障碍者雇用を目的とした会社からの改革として事業会社のノンコア業務をKハートにアウトソーシングすることにより事業会社がコア業務へ集中、強化でき事業計画をスピード実行できるための徹底支援を行います。グループの事業をサポートする『なくてはならない会社』を目指します。」


講演後は参加者全員でフューチャーセッションを行い各自が取り組むことについて真剣に考え、お互いシェアし合いました。元気になった、前向きな気持ちをもらった等の感想をいただきました。


>>詳細はこちら

PAGE TOP