全員がいきいきと働ける環境を

コクヨは、1940年に障碍者雇用を始めました。

当時の大阪府立生野聾学校から、若き社員が入社されたと聞いています。
それから80年、生野聾学校は、大阪府立だいせん聴覚高等支援学校に名前は変わりましたが、卒業生の入社は続いています。

コクヨは、2004年に特例子会社としてKハートを設立しました。
当初は、コクヨの印刷物の一部しか請け負っていなかった会社ですが、徐々に職域を拡大し、現在では、コクヨの販促物・取扱説明書・シールなどの印刷事業だけでなく、コクヨ社員に成り代わっての業務代行事業も進めています。2019年には、データーセンターを開設、PC業務の受託事業も広がって来ています。

社長の宣言として、
Kハートは、事業活力の源泉を社員の成長に求め、常に社員の人間力と人間性の向上を図り、社員と共に成長することを目指す!

と、常々社員に話しています。
その為に社長のミッションは「働く場所と学ぶ機会を提供し続ける」ことだと思っています。

Kハートはまだまだ発展途上ですが、これからも胸を張って、前を向いて進んでいきます。

今後ともご支援の程、よろしくお願い申し上げます。

代表取締役 小川 修

コクヨKハート