連続無災害達成で労働局から表彰

Kハートは創業以来、無事故・無災害を達成し続けています。
2015年3月27日には連続無災害4,100日を達成し、大阪労働局から表彰されました。
現在、連続無災害6,100日を目指して日々安全活動に取り組んでいます。

月に1回、安全委員会を開催

無事故・無災害の達成は、1人ひとりの安全意識からです。
安全への取り組みと意識を高めるために、月に1回、安全委員会を開催しています。
気をつける点、改善点などについて話し合い、社員が意見を提案しやすい環境をつくっています。

5S活動への取り組み

5S活動とは、整理・整頓・清掃・清潔・しつけを意味し、製造業の生産現場における、工場改善の基本となる考え方です。
整理(Seiri)・整頓(Seiton)・清掃(Seisou)・清潔(Seiketsu)・しつけ(Shitsuke)のローマ字表記の頭文字をとって、5S活動と呼ばれています。
コクヨKハート株式会社では、印刷工場を中心に再整備を行うことでモノづくり競争力を強化することを目的に、5S活動を推進しています。

5S活動 キックオフ集会
外部講師による勉強会

ケア体制

<基本的な考え方>
本人が困ったときに、本人目線で相談しやすい体制を作る。

コクヨKハートでは産業医、保健師、精神保健福祉士などと連携したケア体制を作っています。
1.本人、支援者、上司等が参加して定期的に行う支援会議
2.精神保健福祉士による定期的な面談
3.保健士による定期的な巡回と健康相談