事業内容

障碍者が従事する職務の内容

どうして印刷業なのか?ということ

事業内容の決定にあたっては障碍者ができる仕事をまず探ることから始めました。そのため多くの特例子会社を見学させていただきました。

コクヨの本業になるべく近いもので、コクヨ本社より様々な面から支援が受けやすい業種、収支計画の目処が立てやすい業種として印刷業を選びました。

事業を開始するに際し、設備面、環境面、労務面ではできる限り障碍をカバーできるようにしよう。その代わり生産する印刷物には一切妥協しない、甘えは見せない会社にしようと決意しました。

顧客フロントに立ち、顧客が求めるものを目指すのは障碍者雇用の会社も一般の会社も同じです

コクヨには厳しいカラーマネージメント基準があります。その基準をクリアーし続けることが印刷物に求められます。また印刷基準のないものは自社で印刷基準を作り、その品質に合格したものを出荷する体制をとっております。商品に妥協を許すと会社は発展しませんし、技術も身につきません。
品質面・価格面・納期いずれも他社に負けない顧客が満足するものを作ろうと決めました。

私たちは顧客フロントに立った視点で、満足と安心をご提供いたします。

PAGE TOP

コクヨグループでは「障がいを持つことは困難なことではあるが害ではない」という考えに基づき、「障害者」ではなく「障碍者」という表記を用いています。